愛玉子的香箱

Top

スタンプパッド押しくらべ

はんこ用のスタンプパッドって色々ありますけど
どう違うの?ということで、手持ちのインクで調べてみました。

使った紙はこれ。
a0098357_1221115.jpg

画用紙よりすべすべですが、コピー用紙よりはざらついています。

ここに、先日のオダジョー(ちょっとヒゲを薄くしてみた)を押します。
a0098357_12222334.jpg

あ、これ、赤とか黄色でポップな感じにしたら面白いかも。
今関係ないですけど(笑)

使ったインクは下↓の画像と対応しています。
a0098357_12233665.jpg

バーサクラフトの黒を、友達にあげてしまったので
とりあえずストーンで代用。

やっぱり、色が薄いというのを抜きにすれば、アートニックが
一番滑らかにつきます。

スタンプ台はこの紙だとムラになりがち、バーサクラフトは
細かいところ(ヒゲとか←これ重要)がべとっとつぶれてしまいます。
バーサクラフトって布や木材が『最適』で、紙は『適する』だから、
というのもあるかもしれませんが。(㈱ツキネコHPより)
そしてこのバーサクラフト、妙に水っぽくなってしまうものが
現在出回っているようです。
toricoさん情報。私のもちょっとおかしくなってます)


紙が『最適』なのは、やはりアートニック、そしてバーサファインです。

バーサファインは、フタが後ろに完全にひっくり返る仕組みなんですが、
これが私には逆に使いづらいんですよね。私の場合、
はんこが大きいので、右手にはんこ、左手にスタンプパッドを持って
ポンポン・・・ということが多いのですが、手が汚れるし
フタががたつくし、できれば取りはずすタイプのフタがいいなぁ。

あと、色が鮮やかすぎて、目がチカチカするんですよね。
これは、私のはんこの黒面積が広いせいなので、
贅沢な悩みになるのかもしれませんが。


結論として、
1. ベタ面が多いはんこは、アートニック。
2. くっきりしたラインを出したければ、バーサファイン。
3. 塗り絵のように仕上げたいなら、バーサクラフト。

てな感じでしょうか。

なにかお気づきの点があったら、教えてくださいね!






画像を一つアップし忘れていたので追加で。
a0098357_1825814.jpg

上の紙を裏返すとこんな具合です。

ご覧の通り、バーサファイン、結構裏写りします。これは多少厚い紙ですが
それでもこんな感じなので、コピー用紙なんかだとガッツリ写っちゃいます。
薄い紙を使われる方はご注意を。
[PR]
by o-gyo-ti | 2007-08-07 13:01 | 消しゴムはんこ